本文へスキップ

Japan Foundation for the Promotion of Welding and Joining Technology

Contact

理事長 挨拶

 

公益財団法人 溶接接合工学振興会

 
   理事長  宮 田 隆 司
          (名古屋大学名誉教授)

公益財団法人溶接接合工学振興会を代表してご挨拶申し上げます。
 当振興会は平成3年に文部省によって認可された財団法人であり、その設立趣旨は概要に記載の通り、「溶接接合工学の研究および技術の発展を推進し、関係する研究者、技術者を支援・育成し、以って学術・文化の交流、発展に寄与すること」であります。
 わが国の溶接界には、中立の団体として(一社)溶接学会と(一社)日本溶接協会があり、溶接学会が溶接・接合の学術分野を中心に学会活動を実施しております。日本溶接協会は技術分野を担う関連業界を中心とした団体であり、各産業分野にまたがる研究部会、委員会活動の他、溶接技能者、溶接管理技術者などの要員認証や規格作成などを含めた広い分野で活動を展開しております。 当振興会は財団法人としての特徴を生かしつつ、将来の溶接接合工学を支える基盤となる技術情報の発信と人材育成を目的とした活動を進めております。近年、わが国では溶接接合に関わる若手の技術者、研究者が減少する傾向にあり、その対策として製造業および社会インフラの拡充・整備における溶接接合工学の重要性を広く社会に発信していく必要があります。
 当振興会では、将来を担う若手の研究者、技術者を篤く顕彰して支援の一端とする他、各企業における中堅のリーダー的技術者を顕彰し、その活動に謝意を表しております。また、当振興会のセミナーなどの企画には多くの時間と労力を費やし、従来の組織では実行できなかった広い分野の技術者、研究者の協力を得て最新の情報を提供しております。加えて、令和2年3月より、全国の工業高等学校等を対象とした「溶接機寄付事業」を内閣府公益認定等委員会の認定を得て新たに実施し、現在に至っております。
 各位におかれましてはこのような当振興会の趣旨、活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。なお、当振興会は設立当初の基金をもとに運営しておりますが、さらに当振興会の事業趣旨にご賛同を頂いております企業からの醵金を以って活動しております。支えて頂いております多くの方々に御礼を申し上げますとともに、今後のなお一層のご協力をお願い申し上げます。

新着情報

令和6年4月12日(金)に「野本 敏治 先生を偲ぶ会」がしめやかに執り行われました ご多忙中にもかかわらず多くの方にご臨席を賜り感謝申し上げます


野本敏治 前理事長(東京大学名誉教授)に「叙位叙勲(正四位、瑞宝中綬章)」が授与されました。



講演・セミナーのお知らせ

公益財団法人溶接接合工学振興会 第33回セミナーのお知らせ
  「カーボンニュートラルを迎えると鉄と鋼はどうなる?(仮称)」 
   日時:令和6年11月14日(木)
   パンフレットはこちら(準備中)
  •   

セミナー等の協賛情報

一般社団法人日本高圧力技術協会 オンライン技術セミナー
  「圧力設備の材料、設計、施工、維持管理の基礎」 
   日時:令和6年6月11日(火)〜12日 (水)
   パンフレットはこちら(PDF)

  「材料の損傷・破壊の基礎知識とその適用」 
   日時:令和6年7月11日(木)〜12日 (金)
   パンフレットはこちら(PDF)

  •   














所在地
公益財団法人
溶接接合工学振興会

〒125-0025
東京都千代田区神田佐久間町4-20
  (溶接会館 7階)
TEL 03-5823-5887
FAX 03-5823-5888

E-Mail yokoshin@yokoshin.or.jp
寄付金募集案内
当振興会は、溶接接合工学の研究及び技術の発展を推進するため、それらに係わる研究者や技術者の研究顕彰事業や若年者の溶接技術教育支援をはかることにより、溶接技術の向上と学術・文化の振興を目的に平成3年に設立された財団です。毎年、研究者・技術者に対する表彰事業や最新技術動向関する研修事業等を行っております。また、将来の溶接界を担う若年者の技術教育支援事業の実施をしております。
当振興会の事業は、寄附金及び賛助会員会費等で運営されており、事業の継続と更な充実を図るため、事業の趣旨にご賛同頂き、是非ご寄付をお寄せ下さるようお願い申し上げます。

(詳細はこちら)